• Dr.巻き爪ロゴ
  • ご予約はこちら
  • 池袋院
  • 高田馬場さかえ通り院

巻き爪の治し方

【巻き爪の治し方】

 

巻き爪を治す方法

 

「巻き爪って何科で治すの?」って方は多いと思います。
結論から言うと、病院で治す場合は「皮膚科」です。

 

巻いた爪が皮膚に当たって、“皮膚を傷つける”から「皮膚科」と考えると、わかりやすいかと思います。

 
 

  • 病院での治療法

 

◎フェノール法
 

 

フェノールという薬品を使って、変形している部分の爪が生えてこないように爪母(爪の付け根の新しい爪を作る部分)を部分的に殺すという方法です。

 

メリット
☆保険が使える場合がほとんど
☆通院回数が少なく済む

 

デメリット
☆爪の幅が小さくなる
☆部分的な処置になるので、再発する可能性がある
☆麻酔の注射が痛いことも
☆ご自身でガーゼを替える必要がある

 
 

◎爪母全切除法

爪が生えてくる場所を爪母(そうぼ)と言います。
爪母を全部切除し、二度と爪自体が生えてこないようにする方法です。

 

メリット
☆保険が使える場合がほとんど
☆巻き爪で苦しむことが一生なくなる
☆痛みからすぐに解放される

 

デメリット
☆爪が二度と生えてこない
☆術後は安静にし、鎮痛剤を服用する必要がある
☆激しい運動、長時間の運動をしばらく控える必要がある

 
 

◎アクリル固定ガター法
 

 

爪と皮膚の間にチューブを挟み、アクリル樹脂で固定します。
巻き爪の影響で肉芽が出来てしまい、その他の治療法が難しい場合にアクリルガター法を行う事があります。

 

メリット
☆保険が使える場合がほとんど
☆爪を切除する必要がなし

 

デメリット
☆通院が必要
☆足に異物感がある
☆麻酔注射が痛いことがある

 
 

◎VHO(ワイヤー)法

特殊な合金でできた弾力のある形状記憶合金のワイヤーを使った治療法です。
伸びた爪にドリルで穴を開け、そこにワイヤーを通して医療用接着剤で固定します。

 

メリット
☆様々な巻き爪に対応できる
☆処置の痛みがない
☆完治後の見栄えが良い

 

デメリット
☆爪が伸びていないと処置が難しい
☆治療中の見た目が悪い
☆ある程度の通院、時間が必要
☆保険が適用されない

 
 

  • サロン・ご自身での治療法

 

◎巻き爪ロボ
 
巻き爪ロボという道具を使い、爪に引っ掛けて、ご自身で巻き爪を治すことができます。

 

メリット
☆病院等に通う必要がない
☆時間がかからない
☆誰にも巻き爪だということを知られない

 

デメリット
☆手術、他の治療に比べるとすぐに治すことはできない
☆改善に時間がかかる
☆器具自体の値段が高い
☆器具が上手く使いこなせないと、効果が得られない場合もある

 
 

◎B/Sスパンゲ

ドイツで考えられたプレート法による矯正法です。
形状記憶のプレートを爪の表面に接着し、プレートが元の形状に戻ろうとする力を利用します。
当院で使用しているペディグラス法とほとんど似ていますね。

 

メリット
☆痛みがほとんど無い
☆時間を掛けずに施術ができる
☆ネイルができる

 

デメリット
☆保険が適用されない
☆効果を感じるまでに時間がかかる事がある
☆巻き爪の食い込み具合によっては矯正力が足りない

 
 

  • 当院での治療法

 

ペディグラスというプレート法を行います。
日本で開発された最新の巻き爪補正技術です。
特許を取得しており、様々な症状に対応する事ができます。

 

メリット
☆痛みがほとんどない
☆透明の器具なので目立ちにくい
☆再発しづらい
☆ネイルができる
☆施術直後に痛みが軽減される

 

デメリット
☆時間がかかる(長い方だと1年程)
☆保険が適用されない

 
 
 

ペディグラスとB/Sスパンゲの違いは??

 

形状記憶のプレートを使っての施術というのは共通しています。

 

しかし、違いはちゃんとあります。

 

大きな違いは、器具の違いで、日本製か、ドイツ製かという部分です。

 

使用している材質、固定をする方法が若干異なります。
どちらも特許を取得しており、優れた技術です。

 
 
 

当院がペディグラスを導入したワケとは??

 

どちらも似ているのに、なぜペディグラスでの施術法を取り入れているかをお話しします。

 

まず、矯正力の違いです。
もちろんB/Sスパンゲも効果はありますが、より効果が感じられ、なおかつ痛みも軽減されるのはペディグラスでの施術です。

 

ほとんど付けいていないかの様な見た目にでき、ネイルを楽しむ事ができるのはペディグラスの利点になります。
ペディグラスは巻き爪の症状により、4種類の様々な形状の器具を使い分けての施術が可能です。
そのため、仕上がりがとても綺麗で、付けているとわからない、というわけです。

 
 
 

病院での手術と、フットサロン等での施術の大きな違い

 

  • 医療機関でないと保険を使っての治療はできない
  • 手術はかなりの痛みを伴う
  • 手術後はしばらく安静にする必要がある
  • 見た目に大きな違いが出る
  • フットサロン等での施術は時間がかかる
  • 料金に違いがある

 

痛くても早く治したいか、時間が掛かっても痛みがなく治したいかで、どの治療法がご自身に合っているかを選ぶと良いと思います。