• Dr.巻き爪ロゴ
  • ご予約はこちら
  • 池袋院
  • 高田馬場さかえ通り院

巻き爪は親指に多い!

【なぜ巻き爪は親指が多いのか?】

 

現代では10人に1人は巻き爪と言われています。

 

そんな、思ったよりも身近な巻き爪。

 

実は、足の親指が特に多いです。

 

では、なぜ巻き爪は親指が多いのか?
それには、こんな理由があります。

 
 
 

骨の形が原因だった…

 

指の末節骨という、爪の土台となる骨があります。
その骨が、先細りの形状をしているのが原因です。

 

ちょっとイメージしてください。

 

親指の爪は、他の爪より大きく幅が広いです。

 

そんな、大きく幅の広い爪が、他の指と同じように骨を土台として乗っています。
親指の爪は、骨に対して爪の幅が広いので、骨で爪の両側が支えられていないません。

 

さらに、爪の両側はぎゅーっと力が加わると、内側へ食い込み丸くなりやすいことが分かるかと思います。

 

このように、骨の形が巻き爪の原因だったのです。

 
 
 

歩くときに圧力が1番かかるのは「親指」

 

歩いたり、運動をするときに一番体重がかかるのは親指です。
歩くときの動作で地面を蹴り上げるときに、親指に一番力が入っています。

 

そのため、親指に負荷がかかりやすく、巻き爪になりやすいのです。

 
 
 

体重をかけて歩くことで予防につながる

 

上記で“歩く時にかかる圧力で巻き爪になる”とありましたが、圧力は利用することで予防にもつながります。
「 爪 」は本来巻く性質があり、それでも巻き爪にならないのは、しっかり歩くことで常に下から圧力をかけることにより、平らな爪を維持できています。

 

そのため、地面からの衝撃が少なくなると、爪の巻く性質が勝ってしまい、巻き爪になりやすくなります。

 

 

だから、歩かない人ほど巻き爪になりやすく、寝たきりの高齢者に巻き爪が多く見られるのは、このことが関係していると言えます。

 
 
 

巻き爪にならないために、ココを意識しよう

 

人は加齢するほど¨内転筋群¨を使わずに歩く傾向にあります。

なぜ、そのような歩き方になってしまうのかというと…

 

脚の外側に体重をかけて歩いたほうがラクだからなんです!

 

筋肉が衰えると、内側の筋肉で体重を支えるのが難しくなってくるため、楽な内転筋群を使わない歩き方になります。
そのまま外重心での歩き方を続けると、足の親指にかかる力が減って巻き爪になりやすくなります。

 

そのため、内転筋を使った正しい姿勢での歩行がとても大切です。