巻き爪専門店Dr.巻き詰め池袋・高田馬場の巻き爪治療・魚の目たこ治療専門

正しい爪の切り方

【正しい爪の切り方】

 

爪の切り方、あなたは大丈夫?

 

ご自身の爪って、どんな切り方で、

どのくらいの頻度で切っていますか?

 

巻き爪になってしまう原因の多くは

¨間違った爪の切り方¨によるものです。

 

ついつい痛みがあると、角を切ってしまいますよね。

その時は痛みが軽減されたと感じるのですが…

 

実はさらに悪化していく一方です。

 

そうならないために、

正しい爪の切り方を覚えましょう。

 

正しく爪を切れば、巻き爪は予防できます


施術で巻き爪の方の爪先を見ると、図のバイアス切りのように、丸く切っている方がほとんど。

バイアス切りのように切ってしまうと、両端はお肉が出てしまっているので、深爪になってしまいます。

 

さらに、爪自体に巻く性質がありますので、お肉の圧迫で余計に爪が丸くなります。

 

このように、知らないうちに巻き爪になりやすい爪に自らしてしまっているのです。

正しい切り方を覚えて、巻き爪にならないようにしましょう。

 

爪は¨スクエアカット¨に

 

 

上記にあった図のように、四角に爪を切ったら、引っかからないようにやすりで角を整えます。

たったこれだけです!

 

「巻き爪になるのが怖いから伸ばしたまま切らない」という方がいらっしゃるのですが、

伸ばしすぎ・切りすぎどちらも良くないです。

 

伸ばしすぎると「爪甲剥離症」になってしまうことがあります。

「爪甲剥離症」は、お肉と爪が剥がれてしまうので、とても痛いです。

 

そうならないために、適度な長さを保つことが大切です。

 

正しい爪の切り方で「巻き爪にならないように」「巻き爪を悪化させないように」しましょう。

 

爪の切り方(手順)

1.端から切る

真ん中からではなく、端からゆっくり切りましょう。

おすすめはニッパーです!

きれいにまっすぐ切れます。

 

2.角は切らない

爪はまっすぐ一直線に横に切ります。

良く角を切ってしまう人がいますが、

それは絶対にやってはいけません。

 

3.やすりでとがった角を丸める

角がとがったままだと、

引っかかったり、割れてしまったりする恐れがあります。

 

爪を切るのにベストなタイミングとは?

ずばり、お風呂上りなんです。

爪が柔らかくなっていますので、

爪にかかる負担も少ないです。

 

爪切りのベストな頻度とは?

爪は1カ月に約1.5ミリ伸びると言われています。

年齢や爪の質によっては差がありますが、

長すぎても短すぎても良くないです。

2週間に一度くらいがちょうどいいです。

 

爪もしっかり保湿しよう!

爪も皮膚の一部です。

肌にボディクリームを塗るように、

爪もしっかり保湿することが大切です。

爪は乾燥すると縮む性質があります。

ネイルオイルや、ネイルクリームを

お風呂上り等に塗るようにしてください。



COPYRIGHTc Dr.巻き爪 ALL RIGHTS RESERVED. Design by PORTALS |link|